トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ぼくのおひめさま。(小説)
2006-01-19 Thu 20:40
僕がヴァナ・ディールに降り立って間もない頃。

まだこの世界に慣れず

レベルが低く、弱くて

そして。

孤独を感じていたあの頃。



「うわ!」

ヒーリングの最中、ヤグードにからまれる。

さらに運悪く、近くにいたヤグードがリンク。

2匹のヤグードはボコボコと僕を殴る。

HPがどんどん減っていく。

だけど僕は必死で戦った。


「・・・まずい」

小さなタルタルの僕のHPが黄色から赤色に変わった。

死を覚悟した、その時だった。



僕の体がまばゆい光に包まれた。

どこからともなくケアルがとんできた。

いつの間にか横にポニーテールのヒュームが立っていた。


ヤグードは今度はその人に襲いかかる。

その人は、僕がまだ見たことのない魔法を唱えて

あっという間に2匹のヤグードを倒してしまった。


僕は呆然としていた。

その人は僕に言った。

「気をつけてね」

僕はハッとしてこう言った。

「ありがとう」

僕の言葉にその人はニッコリ笑って走って行った。



僕はしばらくその場でボーッと立っていた。

胸がドキドキする。

あの人の顔が何度も浮かぶ。

孤独な僕に。

やめてしまおうかと考えていた僕に

まるで救いの手を差し伸べてくれたかのような人。

僕は涙が止まらなかった。



「強くなろう!」

そう誓った日だった。



僕はそれからレベル上げに励んだ。

ポニーテールのヒュームとすれ違う度に

驚いて立ち止まっては

あの人じゃなくて、ガッカリする。

バッタリ会う、なんてことはなかった。



あの人の名前はハッキリ覚えていた。

でも、その頃、サーチの仕方がよく分からなかった。



ジュノデビューした頃だった。

数人だけど、フレンドもできていた。

僕の日課は、ログインしてすぐに

あの人の名前をサーチすることだった。



いつもあの人は僕が行ったことのない場所にいた。

あの人がジュノにいる時は同じエリアをウロウロしてみたけど

やっぱりバッタリ会うことはできなかった。

tellする勇気なんてなかった。




そんなある日。

「私と付き合って!」

フレンドのタルタルの女の子にそう言われた。

「ごめんね」

僕はそう返事することしかできなかった。



僕の頭の中はあの人のことでいっぱいだった。


会いたい。


毎日そう願っていた。




「俺のLSに入らないかい?」

それからしばらくして。

フレンドになったばかりのエルヴァーンにそう言われた。

断る理由もなく、そのLSに入った。



LSのリストを見て驚いた。

飛び上がった。

「やったぁぁぁ!」

心の中でそう叫んだ。



LSリストにはあの人の名前。

「アイリ」

そう。

僕が探していたあの人の名前があった。

ずっと探してた人。

ずっと会いたかった人。



僕はアイリさんと、堂々と話せるようになった。

ログインしてサーチして名前を眺めているだけだったあの頃とは違う。

僕はアイリさんと仲良くなりたくて、必死で話しかけた。



「僕のこと、覚えてます?」

「えーっと、なんだっけ?」

「サルタでヤグにからまれてるのを助けてくれましたよね?」

しばらく、アイリさんは黙っていた。

思い出しているのだろうか。

そして。

アイリさんはこう言った。

「ごめん、知らないな。人違いじゃないかな」


え?

知らない?

覚えてないの?

僕はその言葉に、ショックを受けた。

だけど。

そうだよな。

僕にとっては衝撃的な出来事でも。

アイリさんにとっては、些細な出来事だったんだろう。

だけど。

何だかフラれたような気分だった。



でも、こんなことで落ち込む僕じゃない!

アイリさんに今からでも僕のことを知ってもらうんだ。

白のAFに身をつつんだアイリさんに早く近づきたい。

今度は僕が君を守りたいんだ。



来る日も来る日も僕はレベル上げをする。

LSでアイリさんが話してる。

ああ。話したいな。

だけど、まずは強くならなきゃ!



頭にアイリさんの顔が浮かぶ。

そう、助けてくれたあの時。

孤独だった僕を。

寂しかった僕の心を。

救ってくれた人。




その日、いつものようにログインする。

「こんばんは」と言いかけてやめた。


LSの人と、アイリさんの会話だった。

アイリさんはこう言ったんだ。


「えー。タルタルに恋愛感情なんて抱かないよー」



僕は自分の目を疑った。

涙が流れた。

僕を救ってくれた人。

だけど僕をドン底に突き落とすような言葉。




「やめようかな・・・」

モグハウスの中でそう呟く。


リンクパールを外したまま。

2週間が経っていた。

ログインしてもモグハウスにいるだけだった。



僕は今まで何をしてきたんだろう。

冒険がしたくてこのヴァナ・ディールに降り立ったはずなのに。

アイリさんのことを探してばかりで。

アイリさんに会いたいと願ってばかりで。

ただがむしゃらにレベルを上げてきた。


僕は、何をしたかったんだ?




久々に外へ出る。

僕はビビキーへ向かった。

海が見たい。

そう思ったから。



遊覧船へ飛び乗る。

船から見える海はすごく綺麗で。

アイリさんと見たいなぁ、ってふと思った。


「タルタルに恋愛感情なんて抱かないよ」


その言葉を思い出す。

涙をぐっとこらえた。



遊覧船で戻ってくると

船に乗る場所の近くにトカゲ。

僕は思わず、そのトカゲに戦いを挑んだ。



ちくしょー!

タルタルに恋愛感情抱かない?

タルタルだって強いんだ!

僕だって!

僕だって!



だけど。

トカゲは強くて、HPが黄色になる。

近くにいたトカゲがリンクして僕に襲いかかる。

僕のHPが黄色から赤に変わる。


ああ。

あの頃みたいだ。

だけど、今度は助けてくれる人なんていない。


すると。

体が光につつまれた。

そう。

ケアルが飛んできた。

振り向くと。

アイリさんが立っていた。



僕はまた助けられた。

トカゲを倒したアイリさんは、僕に言った。

「行こう」

そう言って、船に乗った。



船に乗っている間、僕もアイリさんも黙っていた。

アイリさんが隣にいたら・・・。

夢が叶ったような気分だった。

だけど・・・・・・・。



船はプルゴノル島という場所に着いた。

僕とアイリさんは船を降りた。



白い砂浜。

綺麗な海。

アイリさんは砂浜に座った。

僕はアイリさんの隣にちょこんと座る。



「また私が助けたね」

アイリさんがそう言った。

「え?」

「ごめんね、私、あなたを助けたこと、覚えてたの」

「なんで覚えてない、なんて言ったの?」

僕の言葉に、アイリさんが少し黙ってからこう言った。


「一生懸命戦ってるリク君を見て、可愛いって思ったから助けたの」

「ええ?!」

「だけど、いざ本人に聞かれたら、恥ずかしくて・・・」


僕の胸にドキドキが戻る。

辺りはとても静かだ。


「リク君がLSに来なくなって心配したのよ」

「・・・うん」


僕は、思い切って聞いてみることにした。

すでにフラれたようなもんだし。

もう怖いものはないさ。


「アイリさんはタルタルに恋愛感情は抱かないんだよね?」

僕の言葉に、アイリさんは笑い出した。

「あれ聞いてたんだ~」

「うん」

「あれはねぇ。付き合って!ってしつこいタルタルがLSにいたから

 そう言っただけだよ」

「あ、そうだったんだ・・・」

僕はそれを聞いて、まるで全身の力が抜けたようになった。


「もしかして、私のこと好きだったとか?」

アイリさんが冗談っぽく僕に言う。

「いや!それは!」

僕は慌てた。

心臓の音がどんどん大きくなる。

アイリさんは笑った。



夕日の色で辺りが染まる。

綺麗だ。

僕は自然に言葉が出た。



「アイリさんが隣にいてくれて、幸せです」



アイリさんは、僕の言葉に、頷いた。

そしてこう言った。


「今度は私を守ってね」

アイリさんはそう言って笑った。




この海でアイリさんの隣に座れたこと。

この夕日をアイリさんと見られたこと。

あの時、アイリさんに助けられたこと。

この世界でアイリさんに出会えたこと。

いや。

この地球でアイリさんに出会えたこと。

その全てが幸せだ。




こうやってまたアイリさんと一緒に

砂浜に座って。

夕日色に染まる海を見たい。

何回も。

何十回も。

それができるなら、僕はどんな努力も惜しまない。



「LSに戻っておいでね」


アイリさんはそう言って付け加えた。


「私が寂しいから」






あれからどれくらいが経ったんだろう。

僕はレベル75になった。



そして、あの日のようにプルゴノル島へ来ていた。

砂浜に座って。

夕日色に染まった景色を眺めていた。

隣にはアイリが座っている。



「僕のお姫様」

「え?」

「なんでもない」


僕はそう言って笑った。

アイリは不思議そうな顔をした。



僕のお姫様。

大事な大事な愛するお姫様。




君が僕を守ってくれたように。

今度は僕が、君を守るよ。

ずっと、ずーっと。


             -おわり-

--------------------------
タルタル(♂)とヒュム(♀)のお話を書いてみました。
もちろんフィクションなんですが。
こういう事もヴァナであるのかな?と思ったり。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
<<ロミディオンの気持ち(妄想日記) | おだんご☆パラダイス | 3国ENMとガリスン。>>
この記事のコメント
ブログいろいろ見ていたら辿りつきました!私もブログはじめました!写メとかも載せてみましたょhttp://37514.net/pc/weblog/home/yuka/←見に来てください!
2006-01-19 Thu 20:42 | URL | 優香 #-[ 内容変更] | top↑
はなちょこさんの小説はいいですね
心が優しくなります。

私も砂浜に座りたくなっちゃったw
2006-01-20 Fri 21:50 | URL | Liber #p8yCMYk2[ 内容変更] | top↑
こんばんわー
小説よみました~~
結構じーんとくる内容で、涙もろい私はちょっときてしまいましたw
私もこの小説じゃないですがそんな出会いとかってあこがれてたりもしたりしてますw
まぁプレイ開始してから機会すらありませんけどねー(汗)
2006-01-21 Sat 01:13 | URL | ぱるぷんて #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
+Liber+

コメントありがとうございます^^

読んでくれてありがとうございます♪
プルゴノルってデートスポットにいいですよね。
でも私は一人で遊んでますw

+ぱるさん+

コメントありがとうございます^^
こんばんはー。
読んでくれてありがとうございます。
FF11で出会う人って多いみたいですねぇ。聞いた話だと。
やっぱ恋は突然なんですよ(*’‐’)
2006-01-22 Sun 19:53 | URL | はなちょこ #UaldkJJ.[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| おだんご☆パラダイス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。