トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
星になったロミディオン。
2006-03-22 Wed 19:50
ある日、モグハウスに置手紙があった。



「強くなる旅に出ます ロミディオン」



そして、その日を境にロミディオンは姿を現さなくなった。



ロミディオンはまさか私を守るために?!

そう思うといてもたってもいられなかった。



私はモグハウスを飛び出してロミディオンを探した。



二人で一緒に戦ったソロムグ、ロランベリー。

タロンギにも行ったけどロミディオンは見つからない。




途方に暮れてとぼとぼ歩いてたどりついたのは。

ボヤだった。



ここにもロミディオンの姿はなかった。



「なに?探し物?」

近くでそんな声がして振り向くと。



20060321213723.jpg


そこにいたのはマンドラのカップルだった。


「人を探してるの。おかっぱ頭で赤い髪のエルヴァーンの

 男の人を見なかった?」


私がそう言うと、カップルの男のマンドラが

思い出したかのように言った。


「ドラゴンと戦いに行ったって聞いたよ」

「え?!」

「ほら、ゲルスバにドラゴンが出るだろ。あそこだよ」

「ロミディオンに会ったの?」

「いや、仲間のマンドラから聞いただけだから、詳しくは知らないけど」


私はそれだけ聞くと、マンドラカップルにお礼を言って

ゲルスバに向かった。



ゲルスバではオーク達がなにやら話していた。

その話が聞こえてきた。


「この前のエルヴァーンはちょっと可哀想だったな」

「あの、おかっぱ頭の赤い髪のエルヴァーンか」

「ドラゴンのやつ、容赦ないぜ」


そして。

私は信じられない言葉を耳にした。



「まあ、殺されても仕方なかったんだけどさ」



私は自分の耳を疑った。


ロミディオンが・・・・・・。


殺された?!




私は目の前が真っ暗になった。

そして怒りがふつふつとわいてきた。


「許せない!!!」


私は剣を握りしてめてドラゴンに戦いを挑んだ。


20060321213752.jpg



ロミディオンの仇をとるために。

私はドラゴンと戦った。


ドラゴンは私に容赦なく襲いかかる。

私のHPが半分減った頃だった。


「大丈夫か!?」


そう言って現れたタルタルの男の子。


20060321213909.jpg


私はそのタルタルの男の子と一緒に戦った。

ドラゴンはあっけなく倒れた。



私はその場に座りこんで暗くなった空を眺めて呟いた。


「仇、とったからね・・・」


夜空が涙で滲んで見えた。




その後、ジュノへ帰ってロミディオンが死んだことを聞いた人々は

みんな悲しんだ。


20060321213738.jpg



ねぇ。

ロミディオン、あなたの死を悲しんでる人はこんなに沢山いるんだよ。


あの頃が、懐かしいね。

20060126010652.jpg


なんで死んじゃったんだよ・・・・・・・・・。




私が一人で泣いていると。



「おお。はなちょこ、ここにいたか」

20060321213930.jpg


現れたのは、ドラゴン退治に加勢してくれた

エーゴ・リューゴ君だった。


「うん。どうしたの?」

私がそう言うと、エーゴ・リューゴ君は言った。

「ロミディオンというエルヴァーンを知っているか?」

「え?!あ・・・うん・・・・」

「ロミディオンから、この手紙を預かっているんだ」

エーゴ・リューゴ君は手紙を差し出した。

私は驚いてその手紙を受け取った。



「はなちょこへ。

 突然いなくなってすまない。

 私は強くなるためにドラゴンに戦いを挑んだ

 だけど、私はまだ未熟で、ドラゴンに倒された。

 ドラゴンは私を死んだと思っているが

 私は瀕死の状態で倒れているところをミスラに助けられた。

 そのミスラは献身的に看護してくれた。

 そんな姿に私はそのミスラに恋をしてしまったんだ。

 ミスラも私を愛していると言ってくれた。

 私はこのミスラと共に生きていこうと決心した。

 すまない許してくれ、はなちょこ。

 ロミディオン」


私はその手紙を読んで、その場に座り込んだ。

「どうかしたか?」

エーゴ・リューゴ君が心配そうにそう聞いてきた。

「ううん。大丈夫」

私はそう言って涙を拭いた。



ミスラを愛してしまったのね・・・・。

二人が愛し合っているのなら、私は身を引くわ・・・。

あなたが生きていて幸せに暮らしているのなら、それでいい。



「ところで、はなちょこ。」

エーゴ・リューゴ君は言った。

「僕は、はなちょこの心の傷を癒せないだろうか?」

「え?」

エーゴ・リューゴ君は言った。

「ドラゴン退治を共にして、僕は、はなちょこのことを・・・」

「・・・・・・」

そして、エーゴ・リューゴ君は言った。


「はなちょこと友達になりたいんだ!」


私は拍子抜けした。

何を言われるのかとドキドキした自分が恥ずかしい。


「うん。友達になろうね」

私がそう言うと、エーゴ・リューゴ君は頷いてニッコリ笑った。




ロミディミオン。

元気でやっていますか?

私は元気です。

20060321213942.jpg




           -おわり-

----------------------------

このネタを完成させるのに(SSを含め)2週間ほどかかりましたw

ってゆーか、なかなかSS撮れなかっただけなんですがね(´ω`)

ロミディオンの一人のSSが撮れなかったなあ。

ちなみに、今の私の王子様はエーゴ・リューゴ君(新フェロー)です('Д')

ロミディオンが背が高すぎてケアルしずらかったのと

やっぱ「育てる」ならタルだ!と思ってフェロー変えたのは内緒だ。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
<<ちょっとずつ赤く! | おだんご☆パラダイス | あのね、聞いてっ♪>>
この記事のコメント
ロミディオン、ミスラとうまくいくといいですなw
はなちょこさんもタル♂と進展があるといいですなっw

おいらもガルからタル♂に乗り換えました(´ー`)
性格は熱血漢で おいら的にかなりヒットw
タルは元気にかぎる(´ー`)うん

最後の方に新たな登場人物がでてますよ?w
2006-03-23 Thu 02:00 | URL | ばーと #-[ 内容変更] | top↑
ぉぉ、フェロー乗り換えたのですねぇ~

私も樽に乗り換えようかなって何度も思ったのですが
フェロも50過ぎたこともあって結局猫のままです^^;
はなちょこさんの妄想FFのカテゴリは毎回楽しみに仕事中見させてもらってます
(仕事中みてるので思わず笑ったりして怪しいですが(汗))
2006-03-23 Thu 10:45 | URL | ぱるぷんて #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
+ばーとさん+

コメントありがとうございます^^

おお。ばーとさんも乗り換えたのですかー。
やっぱタルいいですよねぇ。
私のフェロー君は武士ちっくな喋りで頼もしいですw

早く親密になりたいなあw
ロミディオンは実はミスラ好きでした・・・というオチですw

ばーとさん鋭い!そして教えてくれてありがとう!
ロミディオンの名前間違えてたw
急いで直しました(・ω・)b

+ぱるさん+

コメントありがとうございます^^

おお。50代まで育てたのですかあ。
それは乗り換えできないですよねー。
猫もいいですよねー(*´Д`*)

楽しみにしていただいて嬉しいです^^
妄想シリーズは書いてる私も楽しいんですよw

2006-03-23 Thu 19:06 | URL | はなちょこ #UaldkJJ.[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
| おだんご☆パラダイス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。